ビジネスフォンの増設費用は、実費をベースに予算を組む

ビジネスフォンにかかるお金は、何かと高額なイメージが高いですが、請求される金額の内容を理解しておけば、本当に高い請求を受けているのか、妥当な金額と判断できるかが分かってきます。ビジネスフォンの導入後、費用面でトラブルが起きやすいのが、増設時です。増設費用は、依頼する業者によって費用設定が異なるので、余計にトラブルや混乱を招くことにつながっています。依頼側がある程度、増設費用を見極めておくことがトラブル回避のカギです。

増設費用を、複数の業者に申し込んでおくことも、目安として参考になりますが、実際問題として、損をしないビジネスフォンの増設を依頼するためには、増設費用の内容を理解しておくことが大切です。ビジネスフォンの増設では、すでに電話回線の環境が整っているため、特殊な場合を除いて、取り立てて難しい工事が行われることは少ないです。電話機器も、現在使っているタイプと同じものを用意することが通例ですので、増設台数である程度の値段が計算できます。

厄介なのは、増設工事と名のつく項目です。工事といっても、部屋を移動するなど、電話回線を一から設置し直す作業は含まれません。行われるのは、親機の設定変更・調整などです。つまり、電話機器増設分と工事分が、ビジネスフォンの増設費用のベースになります。実費を思い描きながら、予算を組んでいけば、間違っても多額の請求をする業者には引っかからないようになります。予め、予算を考えておくことも、重要なプロセスです。

カテゴリー: ビジネスブログ | コメントする

会社のビジネスフォンの費用を抑えるために

会社で携帯電話の管理をしている方は、費用を抑える工夫を考えなければなりません。携帯電話の管理をしている私はまず第一に、社員同士の電話はどれだけ使っても料金がタダになるようにしました。もちろん社外でも特に多く電話をかける相手の番号は、指定割引にして費用を抑えることにしています。通話の料金を抑えるのがビジネスフォンでの費用を抑える第一歩でしょう。次に気を付けたいのがパケット通信を無効にするプランを組むことです

月々の料金を抑えるためにパケットを定額で使い放題にしていところですが、そうすると台数分、掛ける料金になるので馬鹿になりません。それならばパケット通信が出来ないように設定してしまいましょう。これを口頭でパケット通信をしないようにと呼びかけても、何かの拍子につながってしまったらとんでもない金額が請求されることになりますので、特に注意が必要です。パケット通信は出来ないようにしましょう。次に基本料金を抑えて経費の削減を考えましょう。基本料金を抑えれば、その分だけ費用を抑えられます。

次に、通話時間に対しての料金を一番高いものしましょう。これではお金がかかりすぎてしまうとお考えになるでしょうが、最初の社員間での通話料金が無料のプランにしておくこと、指定割でそれほで気にしないで済みます。さらに無料通話分を社員間で分け合うようにします。社外に通話する機会が多い社員の料金を抑えましょう。一般的に上記の方法をとればかなりビジネスフォンの費用を抑えることが出来ます。さらにビジネスフォンを上手に新しいものに交換してもらう手順を説明します。携帯各社は新規の台数をいかに確保するかが重要とのことで、機種を入れ替えるときにいったん解約をしてすぐに登録しなおしてもらうと良いでしょう。こちらは電話会社のサービスマンが提案してきたので、すぐ乗っかりました。お互いにメリットがあるという事です。会社の経費を抑えるにはまず通信費に目を向けるとかなり削減できます。参考にしてください。

カテゴリー: ビジネスブログ | コメントする

ビジネスフォンの導入とその費用

ビジネスフォンという指称される電話があります。ビジネスフォンという言い方から想像すると、ビジネスに便利な、あるいは、ビジネスに特化した高機能な電話のように感じるかもしれません。しかし、家庭用の電話と機能的には何ら異なりません。家庭用の電話との違いは、複数の外線および内線を1つの主装置で制御することが可能である点です。複数の電話を制御できるシステムをもつ電話がビジネスフォンなのです。ビジネスフォンの接続方式には以下のように2種類あります。

スター接続というのは、1台に対して1配線をする方式の接続です。スター接続の場合には、配線が電話機ごとになるので、配線が切れても他の電話には影響しないというメリットがあります。ただし、電話を設置するごとに配線を引く必要があります。これに対して、バス接続は、1本の配線に複数台の電話機を設置することができるものです。配線がすっきりとする反面、配線が損傷した場合には、他のすべての電話機が使えなくなります。

ビジネスフォンの導入にあたっては注意すべきことがあります。それは、営業マンのうまい話に乗らないということです。ビジネスフォンの営業は歩合制なので、高いシステムほど歩合が高くなります。そこで、必要のない高機能のシステムをすすめてくる可能性があります。費用もかなり高額になります。費用の点でいえばビジネスフォンはかなり広い幅があります。また、リース物件にも注意します。リース物件の場合、月々の費用は安いのですが、総額で計算しなおしてみるとかなり高額なものになる場合があるからです。

カテゴリー: ビジネスブログ | コメントする